なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

ヤフコメが批判ばっかりな理由を考えてみた!

 

ヤフコメと言えば、日本で1番やばい掲示板として有名です。

 

ヤフコメを見てみると、何に対しても批判ばっかりで、見ていても不愉快になるコメントが多いです。

 

では、なぜこんなにヤフコメは批判ばっかりなのでしょうか。

 

ここでは、ヤフコメが批判ばっかりな3つの理由を紹介します。

 

 

新しいものに馴染めない

 

f:id:a-ki-0120:20190801162324j:plain

 

基本的にヤフコメユーザーのほとんどが年配の人です。

 

ヤフコメのコメントを見ていると「昔は○○だった」や「こんな人知らない」などが多く書き込まれています。

 

ただの年配者なら何の問題もありませんが、ヤフコメ民は人生でうまくいっていない人が多く、穿った見方しかできない人間に成長してしまった年配者が多いのです。

 

ヤフコメ民はどこかの時間で時が止まっている人が多いため、新しい文化や話題についていけず、常に新しいものを批判したがります。

 

たとえば、ヤフーニュースで「ユーチューバー」の話題が出ると、批判コメントで溢れかえります。

 

内容は関係なく、ユーチューバーというものに対して拒否反応があるらしく、常に批判しないと気が済まないのです。

 

今の10代や20代にそれほどユーチューバーに対して拒否反応を示す人は少ないでしょう。

また、若い子供を持つ人もそれほどユーチューバーに対して嫌悪感はないでしょう。

 

しかし、子供もおらず、新しい文化になじめないヤフコメ民は批判するという行為しかできないのです。

 

また、新たなことに挑戦しようとしている人には、よく分からない理論で批判したり、努力をバカにするようなコメントもたくさんあります。

 

年を取ってくると新しいことに挑戦しなくなるので、他の人が新しいことに挑戦するとなるとヤフコメ民はイライラしてしまうのです。

 

 

人の幸せを喜べないのがヤフコメ民

 

ヤフコメ民の多くが落ちこぼれの年配者と紹介しましたが、この年配者たちは将来に明るい希望が全くありません。

 

なので、幸せな話題は大嫌いな傾向にあります。

 

ヤフコメ民はおじさんばかりではなく、おばさんも多く、おばさんは若いころに戻れませんから、若くてきれいな女性の幸せそうな話題には常に批判コメントを残します。

 

ネットに落ちている噂を意地悪く書き込んだり、興味ないと言いながら必死にコメントを残したりと醜い嫉妬をしています。

 

他にもお金がある有名人には「寄付しろ」や「自分のために使うな」など余計なお世話コメントもたくさんあります。

 

有名人が子供と写っている写真などには、「子供を晒すな」や「幸せアピールはいらない」なども書き込まれており、普通の人間なら思わないようなことをコメントするのがヤフコメ民なのです。

 

ヤフコメ民は基本的に自分が不幸せなので、幸せな人を許せないのです。

 

かと言って、有名人の失敗談のニュースなどにはもっと辛辣なコメントを残すのがヤフコメ民です。

 

自分より下だと思う人間に対しても徹底的に批判するのがヤフコメ民の特徴です。

 

自分の今の現状を何とか受け入れるために自分以下の人間を徹底的に批判するのです。

 

そして、批判的な人間が多いので、批判コメントが多く、ヒドイ批判コメントにたくさんのグッドが押されて上位の方に批判コメントが固まるのです。

 

 

ヤフコメ=批判コメントOKの勘違い

 

ヤフコメは批判コメントが多いことで有名なので、批判コメントをするのが普通という認識が広まっています。

 

なので、当たり前のように批判コメントを書き込みますし、批判コメントを持ち上げようとします。

 

そのため、当然のことながらヤフコメには批判コメントが溢れてくるのです。

 

ヤフコメ民は現実で嫌なことがあると、叩きやすそうな記事を探して徹底的に批判しますし、嫌いな芸能人の記事にも批判コメントを残します。

 

これがヤフコメ民にとっては普通のことなのです。

 

「ストレス発散のために運動するか」がヤフコメ民の場合は「イライラしているからヤフコメに書き込むか」となるのです。

 

最近は誹謗中傷について色々取り締まりが強化されていますが、ヤフコメ民はそんなことお構いなしで誹謗中傷します。

 

ヤフコメはそういうことが許される場所だと勘違いしているのです。

 

 

まとめ

 

ヤフコメが批判ばっかりなのはヤフコメユーザーであったり、ヤフコメの風潮が原因なのではないでしょうか。

 

もちろん、全てのヤフコメが批判コメントなのではなく、中にはいいコメントや参考になるコメントもあります。

 

しかし、全体的に見ると批判コメントが多いのは事実なのではないでしょうか。

 

ただ、ここで述べていることは一個人の意見であり、統計をとっているわけではないので、ここでの内容は参考程度にお考えください。

 

 

 

宇宙からメッセージを受信する方法

 

宇宙からメッセージを受信したい人は多いでしょう。

 

しかし、どうやって宇宙からメッセージを受信すればいいのか分からないかと思います。

 

ここでは、宇宙からメッセージを受信する方法を紹介します。

 

 

宇宙からメッセージを受信するメリット 

 

宇宙からメッセージを受信できるようになると様々なメリットがあります。

 

そもそも宇宙からメッセージが送られてくるときは、あなたやあなたの周りに大きなイベントが起こるというサインなのです。

 

大きなイベントとは、病気や事故などネガティブな出来事であったり、結婚や転職すべきタイミングといったポジティブな出来事のことです。

 

いずれにせよ、宇宙からメッセージを受信できるようになると、自分自身はもちろんのこと、周りの人間に対してもアドバイスできるようになるのです。

 

 

宇宙からのメッセージを受信する方法

 

f:id:a-ki-0120:20190717062807p:plain

 

ここでは、誰でも簡単に分かるように宇宙からメッセージを受信する方法を紹介します。

 

3分ほどで読み終わるかと思います。

 

 

まずは宇宙を知ろう

 

宇宙について何も知らない人が多いでしょう。

 

しかし、宇宙からメッセージを受信したいなら、宇宙について知る必要があります。

 

宇宙について最低限の知識が必要なので、本や動画を見て勉強しましょう。

 

宇宙について何も知らないまま、メッセージを受信するなんていうのは不可能です。

 

宇宙の歴史や宇宙の仕組みといった基礎知識を身につけましょう。

SFなどフィクションの宇宙は知らなくていいので、科学的な根拠に基づいた宇宙の知識を勉強しましょう。

 

どの本を見て勉強すればいいのか分からない人は「眠れなくなる宇宙のはなし」という本を読みましょう。

 

宇宙について分かりやすく書かれた本で、誰でも簡単に読める本となっています。

 

 

宇宙について思いをはせる

 

宇宙について普段から考えていないと宇宙からのメッセージを受信することは不可能です。

 

宇宙に何も興味を持っていない人が、自分がピンチの時だけ宇宙からメッセージを受信しようなんていうのは、図々しいです。

 

普段から宇宙について考えている人が宇宙からメッセージを受信できるのです。

 

なので、一日一回は宇宙について思いをはせましょう。

 

特に寝る間際などが一番いいです。

 

心が落ち着いて、宇宙について深く考えることができます。

 

これを事務的に行ってはいけません。

心から宇宙について考えなければ、一生宇宙からメッセージを受信することはないでしょう。

 

 

目を閉じて宇宙空間に漂う

 

宇宙についての知識を蓄え、日ごろから宇宙について考えられるようになったら、あとは簡単です。

 

目を閉じて、自分自身が宇宙空間に漂いましょう。

 

宇宙空間にプカプカと浮かんでいるようなイメージです。

余計なことは考えずに、ただ無気力で宇宙に放り出されている感覚が大事です。

 

そして、宇宙空間に漂っている間にあなたのもとにメッセージが届きます。

 

最初のころは色や音といった漠然としたイメージしか受信できません。

 

しかし、慣れてくると具体的なメッセージを受信することができます。

 

余計なことを考えていたり、心に汚いものがあるときはメッセージを受信することができません。

 

あなたが「無」の状態になったときにメッセージが届くのです。

 

 

慣れてくると自動的にメッセージを受信できる

 

最初のころは自分から宇宙に漂い、メッセージを受信しなくてはいけません。

 

なので、誰かに相談されたり、自分が悩んだ時に自ら宇宙に飛んでいかなくてはいけません。

 

しかし、ある程度メッセージを受信していくと、ふとした瞬間に宇宙からメッセージが届くようになります。

 

自分や周りの人の危機についてや人生の転機にメッセージが届きます。

必要な時に適切なメッセージが宇宙から届くようになるのです。

 

ですが、これはマイナス面も少しあります。

 

たとえば、仕事をしている最中や人と話しているときなど、思いもよらない時にメッセージが届く場合があります。

 

これが嫌な人はメッセージを受信するのを月に一回程度にすれば、自動で受信しなくて済むようになります。

 

 

心に汚れがある人は受信できない

 

ここまで宇宙からのメッセージを受信する方法を紹介してきました。

 

おそらく、多くの人がこれでメッセージを受信するできるようになるかと思います。

 

しかし、そもそも心に汚れがある人はどんな方法を試しても、宇宙からのメッセージは受信できません。

 

たとえば、宇宙からメッセージを受信できるようになったら、これで一儲けしようと考えていたり、嫌いな人にはメッセージを教えないと思っている人にはメッセージは届きません。

 

心に汚れがなく、誰かのためにメッセージを受信したいという綺麗な心をもった人のみにメッセージが届くのです。

 

宇宙からメッセージを受信したい人は心に汚れがないか自問自答しましょう。

 

 

まとめ

 

宇宙からメッセージを受信したい人は宇宙に関する知識を身につけましょう。

 

知識を身につけたら、宇宙に思いをはせましょう。

 

そうすると、だんだんと自然に宇宙からメッセージが届くようになります。

 

今回紹介した方法でメッセージが届かない人は心に汚れがある人です。

 

宇宙からメッセージが届かない人は、自分の行いや考え方を改めましょう。

 

 

勉強を家でできない人のための解決法4選

 

人間には向き不向きというのがあり、家で静かに勉強する方が集中できる人や学校など人が多い所の方が集中できる人など様々です。

 

しかし、家でしか勉強する場所がない場合は、どんなに集中できなくても、家で勉強しなくてはいけません。

 

ここでは、勉強を家でできない人のために解決方法を4つ紹介します。

 

 

家で勉強できない人の特徴

 

f:id:a-ki-0120:20190801162324j:plain

 

家で勉強できない人は2パターンに分かれます。

 

スマホやゲーム、漫画など娯楽の誘惑が強すぎて、勉強に集中できないのが1つ。

 

もう1つが、家族がうるさかったり、勉強するスペースや環境が整っていないパターンです。

 

また、家で勉強できない人の多くが、勉強に対してネガティブな印象を持っています。

 

勉強が嫌いや面倒という気持ちを持っているので、家で勉強しようという気持ちにならないのです。

 

 

家で勉強できない人のための解決法

 

f:id:a-ki-0120:20190814045125j:plain

 

ここでは、家で勉強できない人のための解決法を紹介します。

 

今回はやろうと思えば家で勉強ができるのに、やる気が出なかったり集中できない人に向けた解決方法です。

 

 

娯楽を強制的に隔離する

 

スマホや漫画、ゲームなど家には魅力的な娯楽がたくさんあります。

勉強しているはずが、気づくとスマホをいじっているといった人はたくさんいるでしょう。

 

シンプルな方法ではありますが、こういった娯楽は強制的に隔離しましょう。

 

スマホや漫画など、手が届くところにあるから見てしまうのです。

 

こういった娯楽は親に勉強が終わるまで預けるか、自分で隠してしまいましょう。

 

親に預ける場合は目標を設定し、その目標が達成できるまで返してもらえないようにしましょう。

 

たとえば、「ドリルを5ページ終わらすまでは返さなくていい」といった条件を付けるなど、具体的に目標を決めましょう。

 

目標が達成していないのにスマホを返してくれる優しい親のもとに生まれた人は自分で隠しましょう。

 

自分で隠す場合は、ただ引き出しなどに隠すのではなく、絶対に取り出せない禁欲ボックスに入れましょう。

 

禁欲ボックスとは、タイマーを設定でき、その時間になるまで開けることのできないボックスのことです。

 

Amazonなどに色んな種類のものが売られているので、娯楽を自分で隠そうと思っている人は購入しましょう。

 

 

 

自分が集中できる環境に近づける

 

まずは、どういった状況なら集中できるのか考えましょう。

 

たとえば、学校や塾のように机の上がきれいだと集中できる人は家の机を綺麗にしましょう。

 

勉強しようと思うと掃除をしたくなるのはよくあることです。

この場合は机の上だけをキレイにして、そのほかは一切掃除しないようにしましょう。

 

他にも椅子に座ったほうが集中できる人は椅子に座り、明るいと集中できない人は暗くしましょう。

 

誰しも1度は集中して勉強したことがあると思います。

 

その時の環境を思い出して、その環境に家の中を近づけてみましょう。

 

ただ、注意してほしいのは環境づくりに力を入れすぎて、「勉強はもういいや」とならないことです。

 

環境づくりは家で勉強をできるようにするためなので、5分くらいで終わらせましょう。

 

 

家族に協力してもらう

 

学生の場合は家族と同居している人が多いでしょう。

 

通常、勉強は1人でやった方が捗りやすいですが、家で勉強できない人は家族に協力してもらいましょう。

 

たとえば、家族に問題を出してもらうなど、1人でやるより効率的な勉強をしましょう。

 

家族と一緒に勉強すればサボることもできませんし、ある程度、緊張感を持って勉強ができます。

 

年の近い兄弟がいる場合は、自分で勉強したところの問題を作って、兄弟に問題を出してみましょう。

 

問題を作る際は参考書などを見ずに、自分の頭の中だけで問題を作りましょう。

 

問題を作れるということは、その分野に関しては理解できているので復習になります。

問題と答えだけでなく、解説までできるようになれば尚更良いでしょう。

 

 

テストを中心にやる

 

勉強と言っても、暗記からミニテストなど様々な勉強法があります。

 

基本的に家で勉強できない人は暗記系の勉強が苦手だと思います。

なので、わざわざ集中できない勉強するよりも、集中しやすい勉強をしましょう。

 

過去問などのテストは解き終わるまで集中できますし、時間を決めて勉強ができます。

 

過去問を解いている途中で、飽きたからやめようという人は少ないと思います。

 

テストは自分の苦手な分野を発見できますし、記憶の定着にも役立ちます。

 

学校や塾などで暗記系の勉強をして、家では過去問などのテストを解いていきましょう。

 

「テストなんてすぐ終わっちゃう」という人もいるでしょう。

 

しかし、テストは100点を取れるようになって、初めて解き終えたと言えます。

 

同じテストでも100点満点を取れるようになるまで、ひたすらやり続けましょう。

 

 

まとめ

 

勉強を家でできない人は娯楽を監禁し、過去問などのテストを中心に勉強しましょう。

 

また、勉強しやすい環境に近づけたり、家族などに協力してもらうといいでしょう。

 

家でも勉強ができるようになると便利なことがたくさんあるので、今回紹介した方法をぜひ試してみてください。