なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

友人と約束したけど当日になって行きたくなくなった人へ

友達や知人と会う約束をしたけれど、直前になって行きたくなくなった時ってよくありますよね。

 

そんな時は、行くのをやめてしまいましょう。

 

 

約束までがピーク

 

会う約束をした時は楽しみだけど、時間が経つにつれて行くのが面倒臭くなってくることはよくあります。

 

会う約束するまでがピークで、約束の日に近づくにつれて、だんだん萎えてきてしまいます。

 

そんな時は、さっさと連絡して会うのを取りやめてしまいましょう。

 

 

簡単には縁を切られることはない

 

約束したのに断る行為は、友人や知人から縁を切られてしまうのではという心配が生まれると思います。

 

しかし、そんな心配は必要ありません。

人は簡単に人との縁を切ることはありません。

人は誰かと繋がっていたい生き物なので、簡単に縁を切ろうとはしません。

 

行けなくなって申し訳ないと伝えればほとんどの人は許してくれます。

 

相手の立場になって考えたらわかると思いますが、約束をドタキャンされたときに、「もうこの人とは縁を切ろう」と思う人はあまりいないでしょう。

 

そもそも、こんなことで縁を切ろうとする友人なんて、あなたには必要ありません。

あなたの性格を理解した人と仲良くするべきで、あなたを理解しない人とは一緒にいるべきではありません。

 

自分の性格に合った人と仲良くするのが、人生では大切なことです。

 

 

行ってみたら楽しいこともある

 

面倒だけど、行ってみたら楽しかったということは結構あります。

むしろこのパターンの方が多いのではないかと思います。

 

期待値が低い分、少しの楽しいことでも大きな喜びになります。

ですので、行くのが面倒になっても、とりあえず行ってみるというのもいいかもしれません。

 

行ったら楽しく、行かなかったら面倒なことから解放されるという、どっちを選んでも自分にとってメリットしかありません。

約束を取り付けた時点で、あなたは幸福を得ることができるのです。

 

 

まとめ

 

約束したけど行くのが面倒になった時は、行くのをやめてしまいましょう。

もしくは、自分の気持ちと相談して判断しましょう。

 

行くのをやめてもあなたにマイナスなことはおそらくありません。

 

何よりも自分の気持ちを優先して人生を謳歌しましょう。