なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

新卒で入社してすぐ辞めてもなんとかなる

 

新卒で入社後すぐに辞めてしまっても全然問題ありません。

意外となんとかなるものです。

 

 

退職している人はたくさんいる

 

入社後すぐに退職している人はたくさんいます。

そんなに珍しいことでもありません。

 

私の周りでも新卒で入社して1年以内に辞めた人はたくさんいました。

入社後1週間以内で辞める人も結構いました。

 

実際新卒で入社して3人に1人は3年以内に辞めています。

そのうちの4割は1年以内に辞めています。

 

ですので、すぐ辞めることは珍しいことではないです。

 

 

やめたいと思ったらやめよう

 

入社してみて「なんか合わないな」や「ここで働き続けるのは無理だな」と感じたら、辞めてしまいましょう。

 

時間が経てば合うようになるなど、時間が解決してくれると周りは言うと思います。

しかし、そんなことはありません。

時間だけでは何も解決しません。

 

最初に合わないなと感じたら、この先も合うことはないでしょう。

また、辞めたいと一度思ってしまったら、この先もその気持ちが消えることはありません。

辞めたいと思いながら働くほど無駄なことはありません。

どうせいつか辞めてしまうのに、その場所で頑張っても意味がありません。

 

経験や知識が身に付くということもありますが、わざわざそこで働かなくても他の会社で同じような経験ができます。

 

周りの意見よりも自分がどう感じたかを大事にしましょう。

 

 

止める権利はだれにもない

 

会社を辞めるときには上司や人事は止めてくると思います。

せっかく時間もお金もかけたのに辞められたら会社は損をするので止めてくるのは当然のことです。

 

しかし、そんなことは知るかです。

会社が損をしようがどうなろうが知ったこっちゃないです。

 

いや、さすがにこの考え方は良くないかもしれませんが、このような気持ちでいないと辞めることはできないと思います。

会社の人間はなんとか辞めさせないように色んな事を言ってきますが、それに負けてはいけません。

 

仮に上手く言いくるめられてその会社に留まったとしても、幸せな未来には繋がらないと思います。

 

強い意志を持って辞めることが大切です。

まずは自分を一番に考えて行動しましょう。

 

人生は一度きりなのですから、自分が思ったように行動していきましょう。

 

 

辞めてもすぐ転職できる

 

辞めようと思ったときの足枷になるのが、退社後に再就職できるかどうかだと思います。

しかし、そんな心配は無用です。

 

入社してすぐ辞めたとしても、他の会社にすぐ入社できるからです。

すぐと言っても、書類選考や面接で数カ月かかる場合もありますが、基本どこかしらの会社には入れます。

 

いまどき新卒で入社してすぐ辞める人はたくさんいます。

そういった人たちを欲しがる企業はたくさんあります。

なにしろ新卒は若い人が多いですから。

 

社会人経験がなくても若ければいくらでも転職できます。

ほとんどの会社で求められているのは若さです。

 

その若さあふれる時期を働きたくもない会社に捧げるのはもったいないです。

辞めたいならすぐ辞めた方がいいと思います。

 

 

辞めた理由はつくっておこう

 

転職の面接時になぜ前の会社をすぐ辞めたのかを聞かれることは多いです。

 

ですので、あらかじめなんで辞めるのか理由をつくっておきましょう。

 

今の会社を辞める時にもなぜ辞めるのかを聞かれると思うので、その理由をそのまま使うのもありです。

もしくは、面接の印象を良くするためにある程度つくってもいいと思います。

 

辞めた理由は聞いてきても、よほどのことじゃない限り合否に影響はしません。

 

 

退職代行を使うのもあり

 

どうしても自分で退職するのが難しい人は退職代行を使ってみてはいかがでしょうか。

本人に代行して退職を代行してくれます。 

 

気になる方は問いあわせてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

いまどきすぐに退職する人は珍しくありません。

すぐ退職してもデメリットはほぼありません。

 

辞めるか辞めないか悩みながら働くのであれば、さっさと辞めて次の職場で気持ち良く働きましょう。