なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

失敗した時の気持ちを切り替えるための4つの考え方

 

失敗したりした時は気持ちが落ち込んだり、不安になったりしますよね。

 

ここでは、そんな時の気持ちを切り替えるための考え方を4つ紹介します。

 

 

投げやり

 

その名の通り投げやりになることです。

もうどうでもいいやと思った時の方が上手くいく時は多々あります。

 

死ぬこと以外はかすり傷」とどっかの誰かが言っていましたが、ホントその通りだと

思います。

死んでしまったら全て終了ですが、生きていれば何度でもやり直しがききます

悩んだりしていても現実は変わりません。

それならいっそのこと投げやりな気持ちでいましょう。

 

頭では分かっていてもなかなか上手くいかない人は実際に口に出してみましょう

「もうどうでもいいや」や「知るかボケ」と口に出してみると意外と悩んでいたことが気にならなくなります。

 

 

ゲーム理論

 

自分自身を俯瞰してみましょう。

自分をゲームのキャラかなんかに見立てて、違う場所から操作しているように考えましょう

若干厨二感はありますが、自分自身の意識と体を分離させてみるのです。

 

この考えなら多少ミスしたり嫌なことがあっても気になりません。

なぜならそこでミスしている人間は自分のようで自分ではないのですから。

 

ゲーム内でいくら失敗しても気になりません。

ゲーム内のキャラに叱られようとも落ち込んだりすることもありません。

 

人生をゲームと考えてみませんか

 

 

誰かになりきる

 

小さい頃よく好きなアニメキャラになりきったりしませんでしたか。

それをやってみましょう。

 

例えば、仕事で失敗ばかりしてしまう人は好きな映画やドラマに出てくる仕事ができるキャラになりきればいいのです。

もちろん自分自身のスキルは変わりませんが、なんかできるような気分になりませんか。

 

人は意外と気持ち次第で能力の発揮度合いが変わってくると思います

 

今までの性格ではその人自身が持っている能力の50%しか出せていなかったのが、好きなキャラなどになりきることで80%まで引き上げることができるかもしれません。

 

まずはU-NEXTで映画やアニメを見てみましょう

31日間の無料トライアルをやっているので気になる方はお試しください。

 

 

 

人のせいにする

 

失敗した原因を誰かのせいにしてしまいましょう

ただ、これは誰かに嘘の告げ口をしたりすることではありません。

自分のなかだけで誰かのせいに仕立てあげましょう。

 

誰かのせいにすることで、かなり気持ちが落ち着くと思います

なぜなら、自分は失敗したけど悪いのは別の人なのだから。

 

そして頭の中で誰かのせいに仕立てたら、今度はその人に怒りの感情を持ちましょう

「あんたのせい自分はミスをした」などと怒りを頭の中でぶつけてみましょう。

するとさっきまで悩んだり落ち込んでいた気持ちがどっかに行ってしまっていると

思います。

 

よく世間一般では自分のミスを人のせいにすることは良くないと言われていますが、それはなぜでしょうか

その答えが浮かばない人はこの考え方を実践していいと思います。