なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

効率的な英単語の覚え方【英語が苦手な人向け】

 

英語が苦手な人からすると、英単語を覚えるのは非常に大変で面倒です。

 

ここでは、英語が苦手な人向けに効率的な英単語の覚え方を紹介します。

 

 

英単語を覚えると英語が得意になる

 

f:id:a-ki-0120:20190814045058j:plain

 

英語が苦手な人の多くは、英単語を全然覚えていないです。

 

英単語は英語を理解する上で最も大切なことで、英文法や熟語を学ぶよりも大事です。

 

英単語を覚えると、英文を正確には読めなくてもだいたいの意味を理解することができます。

知っている英単語だけ読んでも英文は理解できるので、英単語を覚えると英語の勉強が楽しくなります。

 

 

毎日英単語を覚えよう

 

たった数日では多くの英単語を覚えることはできません。

英単語は毎日コツコツ覚えていくことで、記憶に定着していきます。

 

英単語を覚えるベストな方法は毎日ちょっとずつ英単語を勉強することです。

 

仮に時間をかけずに覚えても、すぐに忘れてしまい結局覚え直すことになってしまいます。

 

一日5つの単語でもいいのでコツコツ覚えましょう。

単語帳で勉強するのであれば、同じ単語帳を何十周もして覚えましょう。

 

 

読みながら書いて覚える

 

f:id:a-ki-0120:20190814045125j:plain

 

英単語をただひたすら眺めて覚えるのはとても難しいです。

 

ただ眺めるだけの覚え方だと単語帳を見ている時は覚えたような気になりますが、いざテストなどになると思いだせずに失敗してしまいます。

 

英単語はとにかく書いて覚えましょう。

書くことによってスペルをしっかり覚えることができますし、一つの単語にある程度の時間をかけることによって、記憶に定着させることができます。

 

また、書くときはその単語を声に出して読みましょう。

きれいな発音を心がける必要はありませんが、その単語を読めるようにすることでスペルミスを防いだり、漠然とした記憶を植え付けることができます。

 

 

英単語は要らない紙に書こう

 

英単語を書くときに注意してほしいのは、ノートなどにきれいに書かないことです。

英単語を勉強するときはチラシの裏紙などいつでも捨てられる紙に書きましょう。

 

ノートなどに書いてしまうと、単語を書くことが目的となってしまい、覚えてもいないのに妙な達成感を感じてしまいます。

 

英単語を紙に書いて覚えたら、とっととその紙を捨てましょう。

 

 

似た英単語は同時に覚えない

 

同時に似たような単語を覚えるのはやめましょう。

 

たとえば、1日20個の単語を覚えようとしたときに、その20個の中に「Price」と「Prize」など似たような単語を一緒にしないようにしましょう。

 

同時に似たような単語を覚えようとすると意味がごっちゃになったり、スペルを間違えて覚えてしまうリスクがあります。

また、似たような単語をセットで覚えていると、英単語を思いだすときに似た単語が邪魔をしてきます。

 

参考書によっては似たような単語を同時に覚えたほうがいいというのもありますが、英語が苦手なら同時に覚えるのは止めましょう。

 

 

単語の勉強は寝る前がベスト

 

暗記は寝る前にするのが一番よいと科学的に証明されています。

 

日中に覚えた単語の復習でもいいですし、新しい単語でもいいので夜寝る前に単語の勉強をしましょう。

 

新しい単語を覚える場合は一度に多くの単語を覚えるのではなく、数を絞って覚えたほうが効果があります。

 

 

大学受験で英語を使う人は

 

下記の記事では大学受験の勉強におすすめの英単語を紹介しています。

気になる方はご覧ください。

 

kaisyaikitakunai.hatenadiary.jp

 

 

まとめ

 

英単語を覚えたいのなら毎日コツコツ勉強し、ひたすら書いて覚えましょう。

できるなら、夜寝る前に単語の勉強をするのがベストです。

 

英単語を覚えれば英語の学力がぐんと上がります。

 

英語が苦手な人はまずは今回紹介した英単語の覚え方をして、英語を勉強していきましょう。