なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

パラリンピックが盛り上がらない理由

 

4年に1度、オリンピックとパラリンピックが行われますが、なぜかパラリンピックだけ盛り上がりません。

 

オリンピックもパラリンピックも人々に夢や希望を与えているのに何故パラリンピックだけ盛り上がらないのでしょうか。

 

パラリンピックは見ると非常に面白いのですが、多くの人がそう感じないのです。

 

ここでは、パラリンピックが盛り上がらない理由を紹介します。

 

 

パラリンピックの中継が少ない

 

f:id:a-ki-0120:20190801162324j:plain

 

まず、パラリンピックが盛り上がらない第1の理由が中継の少なさです。

 

オリンピックのほとんどの競技がテレビなどで放送されますが、パラリンピックはほとんど放送されません。

 

オリンピックに興味のない人でも、テレビで見ていたら興味がでて見るようになったという人は多いでしょう。

 

しかし、放送もされなければ目にする機会もありませんし、最初から興味のない人はこの先も興味を持つことはないでしょう。

 

そのため、パラリンピックが始まる前から興味のある人以外はパラリンピックを見ようとは思わないのです。

 

ニュースなどでもオリンピックのニュースは長く放送しますが、パラリンピックはちょっとしか放送しません。

 

それは視聴者が興味を持っていないと分かっているから放送時間が少ないのです。

 

 

パラリンピックは見ていて面白くない

 

ネットなどの意見を見ていると多いのが、「パラリンピックは見ていて面白くない」です。

 

基本的に「自分にはできないことをやっている」、「見ていてワクワクする」などの理由からスポーツを見る人が多いですが、パラリンピックの場合はこれに当てはまりません。

 

たとえば、パラリンピックの競技にボッチャという競技がありますが、実際は難しく技術のいる競技なのに、素人が見ている分には誰でも簡単にできそうな風に見えてしまいます。

 

自分でもできるような競技を見てもワクワクする人は少なく、わざわざ見ようとは思わないのです。

 

こういった競技がパラリンピックには多いので、盛り上がらないのです。

 

これは普通のスポーツにも言えることで、女子野球などは競技のレベルが男子中学生レベルなので、見ていて自分でもできるんじゃないかと思ってしまい、人気が出ないのです。

 

また、見ていて「自分ならこうするのに」と思うことが多々あり、イライラしてしまうのです。

 

逆にパラリンピックの中では盛り上がっている競技である車椅子バスケなどは、視聴者が自分にはできない競技で、見ていてワクワクするから盛り上がるのです。

 

 

オリンピックのおまけ感が強い

 

パラリンピックのイメージとして一番多いのが「オリンピックのおまけ」です。

 

「オリンピックのついで感」が強くて、オリンピックは見るけどパラリンピックは見ようと思えないのです。

 

基本的に「おまけはおまけ」なので、オリンピックにドはまりした人が「ついでにおまけも見ようかな」と思って見るのがパラリンピックなのです。

 

多くの人はオリンピックのついでに障がい者のためのオリンピックが開かれていると思っているので、「メインだけを見ればいいか」となってしまうのです。

 

また、パラリンピックはオリンピックの後に行われるので、オリンピックで満足した後にわざわざパラリンピックまで見ようとは思わないのです。

 

 

スター選手がいない

 

「パラリンピックに出る選手」と言われて何人の選手が浮かぶでしょうか。

 

恐らく1人や2人が限界で、半分くらいの人が1人も浮かばないかと思います。

 

オリンピックの場合は色んな競技でスター選手がおり、そのスポーツのルールを知らなくてもスター選手が出るからといって、見る人が多いです。

 

選手キッカケでその競技を見るということが多いのに、パラリンピックの場合はスター選手がいないので、見るキッカケもないのです。

 

これはこの先も変わることがないので、選手キッカケでパラリンピックを見るという人は増えないでしょう。

 

 

まとめ

 

ここでは、パラリンピックが盛り上がらない理由をいくつか紹介してきましたが、どれか一つがクリアされてもパラリンピックが盛り上がることはないでしょう。

 

パラリンピックは感動や希望を与えてくれる素晴らしい祭典ですが、特別なキッカケがない限り見る人は少ないので、日本中で盛り上がることは難しいです。

 

オリンピックと比較すること自体が間違っているのかもしれませんが、この先もオリンピックのおまけと言われ続けるでしょう。