なにもしたくないブログ

嫌なことはしたくない人のための偏見と趣味のブログです。

占い初心者が占い師になるには?占い師になる方法

 

占いは人々の行く先を導いてくれる素敵なものです。

 

占いによって救われた人はたくさんいることでしょう。

 

そんなやりがいのある占いをするのが占い師です。

 

しかし、占い師になるにはどうすればいいかわからない人が多いと思います。

 

ここでは、占い師になる方法を紹介します。

 

 

占い師には誰でもなれる

 

f:id:a-ki-0120:20190717062807p:plain

 

まず最初に、占い師には誰でも簡単になることができます。

 

もし、今すぐ占い師になりたいのであれば、自分から「占い師」と名乗ってしまえば占い師になることができるのです。

 

占い師は資格もないですし、卒業しないといけない学校もありません。

 

占い師の学校というのがいくつかありますが、行けば占いのノウハウを知ることができますが、行かなくても占い師になれます。

 

また、占い師の協会というのもありますが、別に入っていなくても問題はありません。

 

つまり、自分が占い師であると思えば、今日から占い師になれるのです。

 

 

稼げるかは分からない

 

占い師には誰でもなれると紹介しましたが、誰でも稼げるというわけではありません。

 

仮に占い師になったとしても、お客さんがいなければ占いで生計を立てていくのは難しいです。

 

占いで稼いでいきたいのなら、自分でお店を持つかどっかの占いの店で働くしかありません。

 

自分でお店を持つといっても、別に実際の店舗を持つ必要はなく、オンライン上で活動するのもありです。

 

いずれにせよ、地道にコツコツ営業をしたり、誰かの弟子となって下積みを積んでいかなければ稼ぐことは難しいです。

 

 

年収はピンキリ

 

占いだけで年収1000万以上の人もいれば、年収3万円の人もいるのが占い業界です。

 

儲かるようになれば、どんどん稼げるようになりますが、どんなに頑張ってもお客が増えない占い師もたくさんいます。

 

また、占い師として人気が出れば本や開運グッズなども出すことができ、占いをしなくても勝手にお金が入ってきます。

 

ただ、実際占い師だけで生計を立てている人は少なく、バイトや副業をしながら占い師として頑張るというのがほとんどです。

 

 

占い師は肩書が大切

 

占い師は肩書が非常に大切です。

 

自分が占ってもらう側で考えてみて下さい。

 

何の肩書もなく、ただ占い師を名乗っている人と「〇〇の弟子」という肩書の占い師、どちらに占ってもらいたいでしょうか。

 

ほとんどの人が「〇〇の弟子」という肩書がある人に占ってもらうでしょう。

 

仮によく分からない肩書でも、ないよりあったほうがいいです。

 

しかし、「占い師になったはいいけど、肩書なんてない」という人がほとんどでしょう。

 

そんな人は「1000人以上を占った占い師」と名乗りましょう。

 

まず、誰もあなたが占った人数など知る由もないので、適当な数字を言っても分かりません。

 

もしくは、勝手に1000人以上占ってしまえば、あなたは「1000人以上占った占い師」という肩書を持てます。

 

占いは相手から依頼されていなくても、有名人や知り合いを勝手に占ってしまえば、占い実績としてカウントされます。

 

なので、適当に100回占ったら、「占い実績100回以上」という肩書を持てるようになるのです。

 

ほとんどの人は100回以上や1000人以上も占ってきたなら信頼できると判断します。

 

他にも来年に大きな出来事が起こるなど、漠然としたことをあらかじめ宣言しておいて、本当に起きたら「○○を予言した占い師」といった肩書をつけるなど、いろんな人の目に留まる肩書をつけましょう。

 

 

知識がなくても占い師になれる

 

f:id:a-ki-0120:20190814045058j:plain

 

占いの知識なんてなくても占い師としてやっていけます。

 

タロットカードを使った占い師になりたいからといってタロット占いの勉強をする必要はありません。

 

占いに正解はなく、自己流で占っても占いとして成立するのです。

 

たとえば、タロットの皇帝というカードには「権力、支配、情熱」などいった意味があるとされていますが、別にこのセオリーに従わなくてもいいのです。

 

皇帝カードに「勇気、生命力」といった意味を持たせてもいいですし、「虚勢、災難」といった意味を持たせてもいいのです。

 

自分なりのルールを作って占ってしまえばいいので、わざわざ他の占いを一から学ぶ必要はありません。

 

ただ、毎回その場しのぎの占いをしてしまうと後で痛い目を見ることになるので、まずは自己流の占いを確立させましょう。

 

 

騙そうとは思わない

 

占いで相手を騙して稼いでやろうとは思わないほうがいいです。

 

騙そうと思ってやると、いずれボロがでますし、騙そうという姿勢が相手にも伝わってしまいます。

 

もし、自分に自信がなく、何の根拠もない占い結果を伝えなくてはいけないとしても、相手を騙そうと考えてはいけません。

 

まずは自分を騙しましょう。

 

「よく分からない占い結果がでたけど、これは神から受け取ったメッセージだから間違いない」など自分に暗示をかけて占いましょう。

 

占いに正しいも正しくないもないので、自分を信じて占うことが大切です。

 

 

まとめ

 

占い師は誰でも今すぐになることができます。

 

占いの知識が少なくても、自己流の占いでやっていけるのが占い師です。

 

しかし、占い師として稼いでいくことができるかは自分の腕次第ではあります。